夏の終わりはHSPで問題解決!! - TMC NEWS

夏の終わりはHSPで問題解決!!

2014.08.18

夏の終わりはHSPで問題解決!!



夏は紫外線だけでなく冷房の乾燥や冷え気づかない内に大きなダメージを受けています。
多くの女性が夏の終わりにダメージや老いを感じています。
また見た目年齢が平均3歳も老けて見えると言われています。
夏の終わりの肌ダメージが防ぐHSPについて特集します。


*HSPとは?


HSPはヒートショックプロテインの略語で、ヒートショックプロテインは、紫外線などによって傷つけられた細胞を修復してくれるタンパク質のことです。
肌を活性化してくれるといううれしい効果が期待できるのです。年をとるにつれて、このヒートショックプロテインが減少することがわかっています。
これを高めるためには、体を温めることと睡眠が重要だといわれているので、お風呂上がりにしっかりと美肌ケアをして、体を冷やさないうちに早めに眠るように心がけましょう。



*4つの改善point


・point 1 「1日6時間以上の睡眠を取る!!」


夏の間は冷房をつけって寝る事が多いと思います。
何より、睡眠が肌の状態を整えるために重要です。
夏が終わったことで、眠りやすい季節となります。この機会に、冷房に頼らずぐっすりと眠りましょう。老け防止のためにも、1日6時間以上の睡眠はかかせません!!
夏の終わりが勝負! 睡眠で夏の肌老けを防ぐ


・point 2 「体を暖める!!」


HSPは体を暖める事によって増えます。
また、コラーゲンの減少をとめる働きがあり、汗をかくことで老廃物も排出され、美肌効果抜群です。代謝があがるので脂肪燃焼効果もあります。
40℃のお湯ならば20分、41℃ならば15分、42℃ならば10分つかる。入浴中のお湯の温度が下がらないように、お風呂のふたで首まで覆うようにします。この時の体温は38℃が理想的です。
入浴後は上がった体温を保持する。タオルケットやバスローブで10~20分保温します。保温中に冷たい飲み物を飲むのは我慢し保温後は自然に体温を戻します。ビールなどの冷たいものを飲んでもOK。
週2回行うとよいと言われてます。
美肌になれる「HSP(ヒートショックプロテイン)」の効果と入浴方法


・point 3 「オイルクレンジングで汚れを除去!!」


日焼け止めや皮脂などに強いファンデーションが肌に残ってしまうと毛穴が目立つ原因に。クレンジングはしっかりと行いましょう。夏にオススメなのはやはり洗浄力の高いオイルクレンジング。油分でできたファンデは油分で浮かせて落しましょう。W洗顔は不要ですが、気になる人は拭き取り用化粧水をコットンにたっぷり含ませてそっと拭き取ってからスキンケアをしましょう。
今が肌の分かれ道!「夏老け」しないための対策法3つ


・point 4「毎日のスキンケアが大切!!」


夏は、肌表面は皮脂でベタベタしているので潤っているように感じますが、肌内部の水分は汗と一緒に蒸発してしまい実は乾いているインナードライ肌の人が急増します!夏こそしっかりとした保湿ケアを。
オフィスや室内での乾燥が気になったときはミスト化粧水で肌を柔らかくした後保湿力の高い乳液やクリームを乾燥の気になるところに置いて指でなじませましょう。乾燥している肌は紫外線の影響を受けやすいので、保湿も日焼け対策の一つと考えてください。
今が肌の分かれ道!「夏老け」しないための対策法3つ




*最後に


いかがでしたか?
夏の終わりは肌ダメージや老朽化が気なます。
正直3歳も老けて見えていたとは驚きですね(泣)
夏の終わりは1年休息時間にしてみるのもいいかもしれませね。
HSPを高めるためには睡眠と体を暖める事が大切です。
入浴後、美肌ケアし、体を冷やさないうちに早めに眠るように心がけたいですね。


*引用


夏の終わりが勝負! 睡眠で夏の肌老けを防ぐ
美肌になれる「HSP(ヒートショックプロテイン)」の効果と入浴方法
今が肌の分かれ道!「夏老け」しないための対策法3つ